御徒町凧 OFFICIAL SITE

お知らせ

一覧を見る

詩

クリスマスオブザデッド





今日三度目の風呂に入った



十四時過ぎに眠たくなって

ソファに寝転んで目を閉じた



クロッカスという言葉が

詩と一緒に浮かんで

起き上がり書き留めた

俺はその時死んでいた



そのあと少し眠り

夢の続きを生きる



鐘の音は聞こえなかった







肩に黒猫を抱いた

顔のない女



昔話というタブーを犯し

冷えたビールの

送られてきた詩集のコースター



一歩後ろから

いつも付いてくる俺の同胞



クリスマスオブザデッド

黄色いスカイラインが

坂の上から滑り降りてくる







もし雪を知らなかったら

こんなものかと吹き飛ばしただろう



信濃川沿いを

重たくなった体で走った



いくつもの道筋が

俺の歩幅を調整する



制服を膨らました浅黒い男が二人

足元に気をつけろと

光る棒を振っている



鉛色にさざめく水面

携帯電話がなくてよかった







凍えそうな夜ならば

愛なんだと叫ぶ

もしくはカムチャッカ



責任という

文字も響きも嫌いで

ピスタチオばかり剥いていた



もうそろそろ

新しい地図が広がる



突き出した一本の指に

止まるのはせいぜい

トンボか間抜けなアメリカ人



手の出ない牽制球は

デッドボールよりもタチが悪い

二〇一八年一二月二八日(金)

クリスマスオブザデッド





今日三度目の風呂に入った



十四時過ぎに眠たくなって

ソファに寝転んで目を閉じた



クロッカスという言葉が

詩と一緒に浮かんで

起き上がり書き留めた

俺はその時死んでいた



そのあと少し眠り

夢の続きを生きる



鐘の音は聞こえなかった







肩に黒猫を抱いた

顔のない女



昔話というタブーを犯し

冷えたビールの

送られてきた詩集のコースター



一歩後ろから

いつも付いてくる俺の同胞



クリスマスオブザデッド

黄色いスカイラインが

坂の上から滑り降りてくる







もし雪を知らなかったら

こんなものかと吹き飛ばしただろう



信濃川沿いを

重たくなった体で走った



いくつもの道筋が

俺の歩幅を調整する



制服を膨らました浅黒い男が二人

足元に気をつけろと

光る棒を振っている



鉛色にさざめく水面

携帯電話がなくてよかった







凍えそうな夜ならば

愛なんだと叫ぶ

もしくはカムチャッカ



責任という

文字も響きも嫌いで

ピスタチオばかり剥いていた



もうそろそろ

新しい地図が広がる



突き出した一本の指に

止まるのはせいぜい

トンボか間抜けなアメリカ人



手の出ない牽制球は

デッドボールよりもタチが悪い

二〇一八年一二月二八日(金)

一覧を見る

寫眞

一覧を見る

雑記

チキンステーキ

昼過ぎの飛行機に乗って、家に帰る。空港からの帰りのタクシーの運転手さんが、独特の間合いの人だった。空や気候や道のことなど、感じていることを早くに言葉にする人で、少し不思議で、髪型や社内の小物とか同じく喋っていた。家に帰って、眠くて寝て。起きて、チーズリゾットを久々に作る。それだけだとあれだからチキンステーキとポトフも作るも、それっぽいだけで全然うまくいかなかった。忘れないうちにまた作ろう。ところで肉厚のチキンってどうやったらうまく火が通るんだ。

チキンステーキ

昼過ぎの飛行機に乗って、家に帰る。空港からの帰りのタクシーの運転手さんが、独特の間合いの人だった。空や気候や道のことなど、感じていることを早くに言葉にする人で、少し不思議で、髪型や社内の小物とか同じく喋っていた。家に帰って、眠くて寝て。起きて、チーズリゾットを久々に作る。それだけだとあれだからチキンステーキとポトフも作るも、それっぽいだけで全然うまくいかなかった。忘れないうちにまた作ろう。ところで肉厚のチキンってどうやったらうまく火が通るんだ。

一覧を見る

プロフィール

撮影/佐内正史

御徒町凧 
おかちまちかいと

1977年東京生まれ 詩人。

御徒町凧 商店

御徒町凧商店は詩人・御徒町凧の著書・制作作品などが購入できるWEBストアです。

WEBストア 御徒町凧 商店